お問い合わせフォーム 24時間オンライン予約 Scroll

予防歯科

予防歯科について

予防歯科

〜予防歯科の目的は、
一生涯ご自身の歯でおいしく食事をいただくことです〜

その目的を達成するために、歯を失わせないと考えたとき、
歯を失う要因として口腔内の細菌(虫歯菌・歯周病菌)を抑制することにあります。

抑制する方法

器械的除去(日々のメインテナンスと歯科医院でのメインテナンス)
歯磨きによる歯周病・虫歯予防
日々のご自身で行うプラークコントロールが
一番大切で指導を重視しています
  • Practice予防を中心とした歯科医療の実践

  • way to think当院の治療の考え方

当院の歯科衛生士

〜彼女たちが丁寧にご指導します〜

川田 歯科衛生士

みなさんが生涯ご自身の歯で過ごせるように、虫歯や歯周病などのお口の中に起こる問題を原因から一緒に考え、“失わない”ように予防していきましょう。

川田 歯科衛生士

三田 歯科衛生士

患者様おひとりおひとりに寄り添ったメインテナンス治療を提供できるように心がけています。

歯科医院での器械的除去

PMTC

専用の回転器具(300回転~2000回転/分)でやさしく丁寧に表面の汚れを落とします。

超音波スケーラーによる縁上歯石除去

手用スケーラーによる縁下歯石除去

器械的除去はなぜ大切か?

プラーク中には 何億もの病原性細菌が潜んでいます。それを生体の免疫応答で、抑え込んでいるだけです。より抑え込む量が少なければ、体は助かります。

免疫応答をたくさんしないとなると、ストレスが高まり、具体的には、インスリンホルモンが働きづらくなったりして、血糖値が上昇したりします。

器械的除去はなぜ大切か?

このようにお口は全身の健康とつながっており、歯と歯肉の予防管理することはとても重要です。歯ブラシをきちんとして、歯間ブラシを使って、フロスも使っていたとしてもそれで十分でしょうか?

一般的な日本の予防歯科では、きちんとセルフケアをして、年に4回のメインテナンスを受けて、それで虫歯や歯周病が進行を遅らせましょうという話になります。はたして、これでよろしいでしょうか?

器械的除去はなぜ大切か?

いえ、一人一人の虫歯の細菌の数や、唾液の緩衝能力(虫歯菌の悪作用を防ぐ力)唾液の量等違うので、同じ機械的除去を行ったとしても結果が違います。

よって、ご自身のお口の状態を検査する必要があるのです。一般的には、なじみの少ない唾液検査、、どのようなことを検査するのでしょうか?

器械的除去はなぜ大切か?
唾液検査について
詳しくはこちら